Top
スペインから
e0120722_0262832.jpg

こちらに住み始めるまで、あまり使い慣れなかったオリーブを常備するようになったのは、然る古道具屋のご主人の食卓でご馳走になった粋なレシピの影響から。
パリのマルシェやスーパー、ギリシャやマグレブ諸国のエピスリーではハーブやエピス・レモン漬けなどそれはそれは色々な種類のオリーブを見つける事ができますが、スペイン・カタルーニャ地方の港町に住む知人のマダムから毎年いただくオリーブは、鮮やかな緑色で瑞々しく塩加減も程よい、普段ではなかなかお目にかかれない代物です。そのままいただくのが常ですが、マリネした野菜と一緒にグリルにしたり刻んでソースにしたりして愉しんでいます。暖かくなったらこのオリーブ求めて南仏を列車で抜け、その小さな港町までのんびり途中下車の旅もいいなぁ…なんて溜め息をつきながら寒空の下、ひと粒口にほおり込んだのでした.
[PR]
by hibishokubo | 2008-01-31 23:00 | フランスの食材
<< le hadock poché Soupe aux légum... >>



パリにて季節野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。
by hibishokubo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
< 日日食房の業務 >
・ケータリング
・移動食堂
・媒体撮影用の料理制作

< プロフィール >
ヨシノ アスカ
yoshino aska

cafe勤務を経て、1年間東南アジアを食べ廻り、現在 パリにて季節の野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。

contact はコチラ 
日日食房 hibishokubo



L I N K
- junnette
DECO-Styling


- atelier KANAI
パリ古物雑記帳


- Wagamama

copyright (c) 2007 hibishokubo all rights reserved
カテゴリ
Menu 日日食房
日日雑記
フランスの食材
パリの朝市

月いち食堂
以前の記事
2010年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧