Top
パリから15分
e0120722_1718278.jpg

お天気の良かった先週末に、パリ・西の郊外 ”NOGENT-SUR-MARNE”の朝市へ出かけました。Marne川と遠く眼下にパリを望めるこの街を、知人の案内でのんびり散策しながら石畳の坂道を上がってマルシェまで。ここの朝市は週3日、9時からお昼過ぎまで立ち並ぶ屋根付き屋内マルシェで、雰囲気は11区のアリーグルのマルシェのよう。自家製のお惣菜や野菜・卵・ワインなどを売る農家や生産者のスタンドも多く、昔の野菜専門スタンドなるものもあり、調子に乗って欲張り買いしたい気持ちを鎮めながら見て廻った後、知人が買い物ついでに楽しみにしているというマルシェの奥にある立ち飲みカフェへ。注文した白ワインを恰幅の良いマダムがグラスへこぼれんばかりに並々注いでくれて、いきの良い魚屋で買った蒸し甘エビを持ち込んでいただきました。洒落てはいないけれど地元の人で大賑わい、よく見ればカウンターに並ぶそっけないタルトやキッシュ、ホタテのバター焼きとパセリごはんの日替わりメニューも美味しそう。次回はぜひいただきましょう。
予定の空いた週末は少し早起きをしてパリから15分のこのマルシェまで、インスタントなバカンスを味わいに出かけるのも良いものです。何しろしっかり冷えたカフェのグラスワインが1,50€だったものですから。
[PR]
by hibishokubo | 2008-02-04 12:00 | パリの朝市
<< 白いスープ le hadock poché >>



パリにて季節野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。
by hibishokubo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
< 日日食房の業務 >
・ケータリング
・移動食堂
・媒体撮影用の料理制作

< プロフィール >
ヨシノ アスカ
yoshino aska

cafe勤務を経て、1年間東南アジアを食べ廻り、現在 パリにて季節の野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。

contact はコチラ 
日日食房 hibishokubo



L I N K
- junnette
DECO-Styling


- atelier KANAI
パリ古物雑記帳


- Wagamama

copyright (c) 2007 hibishokubo all rights reserved
カテゴリ
Menu 日日食房
日日雑記
フランスの食材
パリの朝市

月いち食堂
以前の記事
2010年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧