Top
晩夏
e0120722_19333347.jpg

夏が過ぎ行く南仏はうつむいたひまわり畑が一面に広がり、最後の一滴を絞り出したような濃い太陽の陽射しが葡萄畑に燦々と照りつけて、プラタナスの並木トンネルには儚な優しい木漏れ陽となって落ちていました。時折目と鼻の先を撫でて通る涼やかな風は、それぞれの土と緑の薫りを楽しませてくれて、車を走せれば徐々に変わる自然と断崖の狭間に突如姿を現す村々に、心打たれっぱなしでした。
然る方が大切に仕舞ってあると語った”宝の思い出”の南仏、この夏の旅はまさに私にとって”宝の旅”となったのでした。

牛乳のサーバー用だったらしいどのピッチャーも、市で見つけた時の煤けた風合いを洗ってしまうのがもったいなくて、棚の空いているところに並べたまんま。今暫くこうして旅情を漂わせておくのもまた一興です。決して後の洗浄が面倒なワケではないのです…決して!
[PR]
by hibishokubo | 2008-08-21 19:30 |
<< 夏の欠片 南仏仕入れ旅 >>



パリにて季節野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。
by hibishokubo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
< 日日食房の業務 >
・ケータリング
・移動食堂
・媒体撮影用の料理制作

< プロフィール >
ヨシノ アスカ
yoshino aska

cafe勤務を経て、1年間東南アジアを食べ廻り、現在 パリにて季節の野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。

contact はコチラ 
日日食房 hibishokubo



L I N K
- junnette
DECO-Styling


- atelier KANAI
パリ古物雑記帳


- Wagamama

copyright (c) 2007 hibishokubo all rights reserved
カテゴリ
Menu 日日食房
日日雑記
フランスの食材
パリの朝市

月いち食堂
以前の記事
2010年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧