Top
<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
憧れのトマト
e0120722_19251393.jpg

ぎらぎらの太陽、むっと立ち込める土の香り、じっとりとまとわりつく汗、遠くに聞こえる蝉の声,真夏日のたらい一杯にキーンと冷やした夏野菜たち。おやつにはその野菜に塩をつけてかぶりつき、ことのほかトマトの甘さと手に残るへたの青くさい匂いは忘れがたいものだ…
私はそんなトマトの味にずっと憧れています。
今夏に訪れた、南仏の小さな町のマルシェに並んでいたピッカピカなトマトたち、美食家であり件のトマトの味の経験者でもある同行者の審美眼にかなったものを買い、塩を振ってかぶりついてみる。淡い期待を胸にそっとその同行者の反応を伺うも、”美味しい”の一声に少し間があったので、きっと今回も黒星だろう‥
フランスでもトマトは一年中出回っていますが色も種類も豊富でおいしくいただけるのも今月いっぱいで、フルーツみたいに甘いTomate cerise、トマトファルシ料理に使うMarmende,見た目がかなりワイルドだけど香り豊かなCouer de boeufや少し苦味のあるNoire crimee はざくざくカットしてサラダに,緑色のEvergreenは甘酸っぱいジャムにしてアペリティフ用に。と、まだまだたくさんのトマトがパリのマルシェの店先に並んでいます。
残り少ない旬の味と短かった夏の余韻をもうすこしだけ楽しんでおこうと思います。
[PR]
by hibishokubo | 2007-09-20 12:00 | フランスの食材
器の味
e0120722_1774745.jpg

幾年も受け継がれた料理があれば、それとともに寄り添ってきた器があり、器によって料理の表情や微妙な味わいの変化があることを知り、器自身の美味しさに気づいたきっかけは、ある日の蚤の市で見つけたスープサーバーでした。
-スープをこしらえてからそのサーバーに移せばいっそう美味しくなるからぜひやってごらんなさい-
と、力説されて購入したそれは、露天商の曾祖母さんの物だったという良く使い古されて、表面に細かいひびが刻まれている質素で清楚な白いスープサーバー。
早速食房で試してみれば、なるほど熱々のスープの温度もいい塩梅になり、風味も丸くなり、どこか遠く懐かしいおいしさが混じった気がしました。
そしてどうやらその時から、ワタシの”味のする器”探しが始まったように思います。
この夏、日頃から器の微妙たる存在感やそれらの時代背景をさらに詰めて教えてくださる、とあるヨーロッパ古道具屋のご主人のオーベルニュ地方と南仏への仕入れにくっついて行き、たくさんの食器を見つけることができました。暖炉の火で煤けた素焼きのグラタン皿やぽってりとあめ色のスープサーバーに厚手の煮込み鍋、それぞれの暮らしに染み付いた地方色の濃い食器たちを眺めつつ、大地の懐のようなオーベルニュの土の薫りと南仏の太陽と小さな村々を回想しながらしばらく食房に立つ日日が続いているのです。
[PR]
by hibishokubo | 2007-09-19 12:00 |



パリにて季節野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。
by hibishokubo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
< 日日食房の業務 >
・ケータリング
・移動食堂
・媒体撮影用の料理制作

< プロフィール >
ヨシノ アスカ
yoshino aska

cafe勤務を経て、1年間東南アジアを食べ廻り、現在 パリにて季節の野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。

contact はコチラ 
日日食房 hibishokubo



L I N K
- junnette
DECO-Styling


- atelier KANAI
パリ古物雑記帳


- Wagamama

copyright (c) 2007 hibishokubo all rights reserved
カテゴリ
Menu 日日食房
日日雑記
フランスの食材
パリの朝市

月いち食堂
以前の記事
2010年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧