Top
ハーブ屋さん
e0120722_1743413.jpg

毎週通うマルシェ、通りの両脇にずらりと並ぶ店の始まりにおばさん2人がやっている自家製ハーブ専門のスタンドがあります。朝露が残る摘みたてのハーブは、一度食べたら他ではもう満足できないくらいとびきりに新鮮で香りがよく、季節感があり種類も豊富、ドライにしても状態がとってもいい。
買ったハーブをクラフトの紙にくるりと花束のように包んでくれるここの商品の数え方は ” 束 ” ではなくて ” ブーケ ”。
タイミングがよければ、クレソンやロケットソバージュなどの葉ものを買うことも出来き、これもまた味が強くて葉は厚く、茎は音を立てて折れるほど新鮮!
無農薬ハーブの鉢や土まで買えるこのスタンドの看板商品は、その場で作ってくれる猫草とりんごのジュースだけど、ちょっと怖くて未だに試していません…

Potage aux fines herbes:
玉葱1個、里芋1個(じゃがいもでも)
旬のハーブ:Oseille(すかんぽ)、Cerfeuil(チャービル)
レタス
卵黄(2個)

軽く焼いたクミンのパンと一緒にいただきました。
-レシピは” Recettes de Cuisine pratique ” より
[PR]
by hibishokubo | 2007-10-09 12:00 | パリの朝市
<< もうひと味 料理の本 >>



パリにて季節野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。
by hibishokubo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
< 日日食房の業務 >
・ケータリング
・移動食堂
・媒体撮影用の料理制作

< プロフィール >
ヨシノ アスカ
yoshino aska

cafe勤務を経て、1年間東南アジアを食べ廻り、現在 パリにて季節の野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。

contact はコチラ 
日日食房 hibishokubo



L I N K
- junnette
DECO-Styling


- atelier KANAI
パリ古物雑記帳


- Wagamama

copyright (c) 2007 hibishokubo all rights reserved
カテゴリ
Menu 日日食房
日日雑記
フランスの食材
パリの朝市

月いち食堂
以前の記事
2010年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧