Top
2008年 09月 10日 ( 1 )
秋扇
e0120722_205474.jpg

薄藍色の空に長閑に照っている太陽が心落ちつく昼下がり、溜まっていた家の用事をようやくやり終えてパンとチーズを軽く胃に収めてから、お下がりものの少し大きめスニーカーを履きタララン・タラランとお掃除仕立ての螺旋階段をリズムよく降りて出口の赤い扉を勢いよく押し開けると、扇で仰いだような緩い風がおでこにぶつかってその不意の温度差に軽く目眩を起こしてしまいました。
こんな日和だから待ち合わせの場所までメトロを使うのはやめにして、路肩のステーションに1台だけ残っていたベリブ自転車でセーヌを渡る事に。バスティーユまで30分間の大暴走、運動不足解消のつもりです…。

セップ茸のスープ:
ちょうど仕込の時間に馴染みのビストロの前を通ったら、開きっぱなしの扉の向こうから気が遠くなるくらい美味しい匂いが流れてきた。入り口脇に堂々と掲げてある看板を見たら、今晩の前菜メニューのトップはセップ茸のクレームフォアグラ入り。
のどの奥が鳴りました。
[PR]
by hibishokubo | 2008-09-10 12:00 | Menu 日日食房



パリにて季節野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。
by hibishokubo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
< 日日食房の業務 >
・ケータリング
・移動食堂
・媒体撮影用の料理制作

< プロフィール >
ヨシノ アスカ
yoshino aska

cafe勤務を経て、1年間東南アジアを食べ廻り、現在 パリにて季節の野菜をたっぷり使うごはん活動開始中。

contact はコチラ 
日日食房 hibishokubo



L I N K
- junnette
DECO-Styling


- atelier KANAI
パリ古物雑記帳


- Wagamama

copyright (c) 2007 hibishokubo all rights reserved
カテゴリ
Menu 日日食房
日日雑記
フランスの食材
パリの朝市

月いち食堂
以前の記事
2010年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧